G-9KXMX2R8X0
【無料メルマガ配信中!】ちょっとマニアックで”周りに差がつく”製薬情報

製薬外資が早わかり! 世界の製薬 売上ランキング TOP11【2021年】

※記事内には広告が含まれています

『つらい就活』にさよなら。

あなたの価値観にあった企業からスカウトが来る『キャリアチケットスカウト

 

就活で大事なので企業とのマッチング。

自分に合わない企業から内定をもらうことは難しい。

それを解決してくれる『オファー型就活アプリ』の定番『キャリアチケットスカウト


【無料】キャリアチケットスカウトをダウンロード

 

製薬外資が早わかり! 世界の製薬 売上ランキング TOP11【2021年】

 

本日の内容

世界の製薬会社 売上ランキングTOP11 【2021年】

 

世界で伸びてる会社、落ちてる会社が分かります。

就活や転職の参考にしていただけたら幸いです!

※製薬の売上発表はドルベースで公表されることが多いです。

分かりやすくするため、今回は円で表記しています。

2022年5月の円安(1ドル129円くらい)なので、金額が大きくなってる傾向があります。

 

11位 武田薬品 売上4兆円 (前年10)

 

2018年 シャイアー買収(買収額は6.2兆円)。

これによって、日本で唯一の世界トップ10に入る内資系製薬が誕生しました。

 

でも、2021年には後述するアストラゼカがトップ10入りしたため11位へ転落です。

日本人としては残念ですね。

 

第10位 グラクソスミスクライン 売上4.4兆円 (前年9)

 

GSKはもともと世界有数のワクチン大手のひとつ。

でも、2021年はコロナワクチンを売上につなげることが出来ず・・・

 

今年2月 ようやくですが

新型コロナワクチンのブースター接種および

III相有効性試験のデータを提出予定

との発表がありました。

完全に出遅れた感がありますね。

 

第9位 アストラゼカ 売上4.8兆円 (前年11)

武田と入れ替わりトップ10入りしたのがアストラゼカ

個人的には現在、アストラゼカはかなりオススメの企業になります。

☝アストラゼカについて詳しく知りたい方はこちら 

外資志望は必見! 将来が明るい外資製薬 TOP3【2022年最新版】

 

アストラゼカ これから就活生にも人気に!?

 

その理由はこちらの3つ。

 

・アレクシオン買収で『希少疾患』に強くなった

希少疾患はやりがいがあると考える就活生も多いです

コロナワクチンで有名に?

そこそこ知名度はあがりましたね。

・第一三共と抗がん剤の共同開発中

良さげな抗がん剤を開発しています。

 

第8位 サノフィ 売上5.3兆円 (前年8)

前年から変わらずで8位です。

サノフィは最近おとなしいイメージで特にいう事がありません(笑)

 

第7位 メルク 売上5.5兆円 (前年5)

ランキング的にはちょっとダウンしちゃってますが

あまり気にする必要はありません。

 

メルクの売上が落ちた理由は戦略的な背景があります。

婦人科の薬を扱う会社として「オルガノン」を分社化したからです。

出典:薬事日報

 

メルク(MSD)現在好調の要因は?

抗がん剤キイトルーダ

2030年頃には売上3兆円予測

新型コロナ感染症向けの抗ウイルス薬が好調!

これはグローバルでの話です。

日本では取り扱っていないんで、あんまり話題にもならないし

日本でMRする人にとっては別にポジティブな要素ではないかもですが。

もちろん今後日本でも売れるようになるかもしれませんよね。

 

好調なうちにキイトルーダの後継者が早く出てくるとメルクはカンペキですね。

第6位 ブリストルマイヤーズ  売上6.7兆円 (前年6)

 

ブリストルの稼ぎ頭は「レブラミド」。

・多発性骨髄腫の治療薬です
・グローバルでの売上1.5兆円というモンスターです。

でも、レブラミドにも2022年、ついに欧米では後発品が発売・・・

すぐに大崩れするような状況ではないですが

一応ネガティブな要素ですね。

 

そして、こっちはポジティブなニュース。

 

2024年に、ブリストルは「がん領域の世界ナンバー1メーカー」

になると言われています。

 

その最大の理由は「セルジーン」の巨大買収です。

これは、がん領域のトップメーカー同士で行われた特殊な買収です。

現在の世界の癌領域における

ナンバー2のセルジーン

ナンバー3のブリストル

この2つが一緒になりました。

これはもうトップになるしかありません!

☝ブリストルの買収について知りたい方はこちら 製薬業界の巨大買収! TOP3

 

 

第5位  ジョンソンエンドジョンソン  売上6.7 兆円 (前年3)

 

5位はジョンソンエンドジョンソンです

新型コロナワクチンを販売してはいたものの

ファイザーなどの他の会社には競り負けてしまった印象・・・

 

でも、知ってますか?

ジョンソンエンドジョンソンは

新型コロナワクチンで儲けに走らなかったという

とても良心的な会社です。

 

・価格を安めに設定

・でも、安全上の問題が出てしまったため、競合にくらべあまり使用されなかった

 

せっかく世の中のために立とうとしてくれたんですが

あまり上手くはいきませんでした。

このあたりは外資メーカーですが

親近感が湧いて好感が持てますね。

 

第4位  ロシュ  売上6.8 兆円 (前年2)

 

第4位は前年の2位から2ランクダウンしてちゃったロシュ。

日本だと中外製薬になりますね。

ちなみに中外製薬は現在爆伸び中の会社です。

ロシュの日本支店が中外製薬みたいな感じ。

(中外は経営権を持ってるんで正確にはちょっと違いますが)

世界のロシュグループのかなでも、中外製薬は抜きんでた業績です。

 

ただし、ロシュ本体でみると、ちょっとだけ過渡期にはいってる印象。

 

ロシュが誇る3大抗がん剤にバイオシミラー(後発品)が登場しています。

アバスチン

リツキサン

ハーセプチン

製薬業界の人なら、だれでも知ってるこの薬たち。

これらに後発品が出たら、そりゃ大変です。

 

とはいえ、中外製薬からの輸出品を含めて

ロシュは他の製品で好調なものが多いので全然問題はないですね。

 

第3位  ノバルティス  売上6.8 兆円 (前年1)

 

じつは2020年の世界の製薬会社のトップだったノバルティス。

たしかに最近の新薬の数とか

製品パイプラインの充実ぶりはハンパないなと思ってたんですが。

☝詳しくはこちら 製薬外資オススメランキング!ダントツの1位はノバルティス

 

売上トップの座は譲りましたが

充実の製品パイプラインは健在です!

 

202112月 ノバルティス開発部門ヘッドは、このように発表してます。

20以上のパイプラインについて2026までに上市する」

回りくどい言い方ですが、5年で20コ以上の新薬を発売するよってことですね。

こんなメーカー、世界を見渡してもノバルティスくらいじゃないでしょうか。

 

しかも、新薬の数だけじゃなくて、質もスゴイのがノバルティスさんのスゴイところです。

ノバルティスが新薬を発売する分野

 

CAR-T細胞療法

・遺伝子治療

・放射線リガンド療法

細かい話は置いといて

普通の錠剤アの飲み薬を担当するようなMRとは

まったく別次元の経験ができる新薬ってことです。

 

製薬会社で何十年も働くのであれば、これが一番価値があるかなと思います。

 

日本ではまだまだこれからの技術を経験できれば

MRとしての「市場価値」は爆上がりするのではないでしょうか。

 

第2位  アッヴィ  売上 6.9兆円 (前年4)

 

2020年の4位から2ランクアップの「アッヴィ」

最近かなりオススメ度が上がっている会社。

個人的にはファイザーのコロナワクチンが落ち着いたら

1位になるのがアッヴィだと思っています。

(というわけで2021年のトップはファイザーでした笑)

 

アッヴィの売上が上がっている要因としては

2020アイルランド アラガン社を7兆円で買収!

コレが大きな要因です。

とはいえ、アラガンってナニ?っていう人ばかりだと思いますが。

 

アラガン買収のメリットはたくさんありますが

有名なのは「ボトックス注射』です。

美容領域(しわ取り)で使われていて、世界で50億ドル以上売れています。

ほかにも医療の分野でももちろん使われているのでなかなかの大型製品です。

 

その他にも、アッヴィは良い薬を持ってて将来性は良い感じです。

もしもっと知りたいって人は、こちらの記事を↓

外資志望は必見! 将来が明るい外資製薬 TOP3【2022年最新版】

 

 

第1位  ファイザー  売上 10.4兆円 (前年7)

 

第1位はもちろんファイザーです。

前年7位から爆裂なジャンプアップです。

売上の半分はコロナワクチンという

尋常じゃない会社です。

ファイザーの2021年の状況とか、将来性については

他の記事でさんざんご紹介してしまったので興味あったら見てね

【薬学生/理系修士の就活生必読!】絶対に受けなきゃ損する!ファイザー ※新卒 就活

※ドル円の相場の動きで、円表記の売上数字がかなり変動しています。

製薬会社の売上発表はドルベースなので許してください。

 

というわけでランキングを振り返ってみましょう。

世界の製薬会社  売上ランキング 2021

 

1位 ファイザー 10.4兆円

 

2アッヴィ 6.9兆円

3ノバルティス 6.8兆円

4ロシュ 6.8兆円

5ジョンソンエンドジョンソン 6.7兆円

6位  ブリストルマイヤーズ 6.7兆円

 

7位  メルク(MSD5.5兆円

8位  サノフィ 5.3兆円

9位  アストラゼカ 4.8兆円

10位 グラクソスミスクライン 4.4兆円

11武田薬品 4兆円

こうみると、やっぱりファイザーはダントツのトップ。

2位アッヴィの約1.5倍という、ふざけた数字です。

ちなみに2位~6位は6兆円で団子状態。

ここはすぐに順位が入れ替わりそうですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA