G-9KXMX2R8X0
【無料メルマガ配信中!】ちょっとマニアックで”周りに差がつく”製薬情報

【お祈りメールをオトクに使う!】最終面接で落ちてしまった際にやるべきこと!

※記事内には広告が含まれています

【お祈りメールをオトクに使う!】最終面接で落ちてしまった際にやるべきこと!

志望動機の高い企業で最終面接まで進んで落ちてしまった・・・

ショックだと思いますが、ここでヘコんでいるだけだともったいない!

なぜなら、あなたは『最終面接まで進むことができた有能な人材だから』

最終面接で落ちる理由は

・企業風土に合わないと判断された

・企業分析が不十分なため、志望度が低いとみなされた

・入社したいという熱意が不足していた

などが主な原因です。

つまり、能力的には内定は取れているわけです!

そのため、それなりの大手企業の選考で、最終面接まで進めた!

これだけで、他の企業からは「能力のある間違いのない人」と認めてくれることもあります

就活サイト「ABABA」では、最終面接まで進んだことが評価され、他企業からのスカウトを受け取れます。

具体的には、ESや一次面接が免除されるなど、おおきなメリットがあります。

とくに就活難易度の高い大手企業で、最終面接まで進めた人は必ず登録しておいた方が良いですよ。

(製薬企業以外も含め、上場企業からのオファーが届くので、業界を絞らず就活している人は特に活用価値が高いです)

最終面接で落ちるのはショックだと思いますが、ぜひその経験をプラスに変えて、他の企業での内定につながていきましょう!

当たり前ですが、次の最終面接では絶対に内定を獲得しましょう。

まずは企業研究をしっかりとやって、志望度が高いことが企業側に伝えるようにしましょう!

そのために、製薬企業の企業研究まとめを活用ください!

ご健闘を祈っています!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA