G-9KXMX2R8X0
【無料メルマガ配信中!】ちょっとマニアックで”周りに差がつく”製薬情報

【塩野義だけじゃない!】決算受けて株価が急上昇した製薬会社!⇒一番の注目株はロート製薬

※記事内には広告が含まれています

【塩野義だけじゃない!】決算受け株価急上昇した製薬会社!⇒一番の注目株はロート製薬

こんにちは、製薬会社勤務11年のけいとです。

今日は、”23年8月決算受けて株価が急上昇した会社”を紹介します。

好調な企業をどこなのか?

この疑問について、株価という客観的な指標から考察していきましょう。

YouTube動画のほうが詳しく解説してます。

医薬品業界の大事な情報を見逃さないようにチャンネル登録もお忘れなく

▼無料メルマガ「ヤクケン@製薬情報」開設

普段のYouTubeやSNSでの発信よりも、ちょっとマニアックな情報をお届け。

就活や転職でライバルと差をつけたい人はご登録ください。

※配信停止したい場合、メルマガの末尾にある「unsubscribe」をクリックいただくと簡単に停止できます

結論: 23年8月決算受けて株価が上昇した4社

・塩野義製薬

・大正製薬ホールディングス

・ロート製薬

・キッセイ薬品

こちらの4社になります。

いずれも超大手の製薬会社ではないけれど、注目しておいて損はない会社です。

✓直近半年間 株価の推移はこちら

どの会社も素晴らしいですが、ロート製薬やキッセイ薬品はとくに伸びています。

▼塩野義製薬

▼大正製薬ホールディングス

23年5が月に下落したあとに復活

▼ロート製薬

▼キッセイ薬品

それでは、1社ずつみていきましょう。

塩野義製薬 2年連続の過去最高売上を更新

2022年度に史上最高の業績をたたき出した塩野義製薬。

売上推移の予想をみてみると、2023年度も好調です。

✓直近の業績は? ⇒23年4-6月(第1四半期)は絶好調!

前年から売上は1.5倍、営業利益は3.8倍と、まさに絶好調。

さらに上昇気流に乗ってる感じです。

出典:塩野義製薬 決算資料

そして、この絶好調の要因は「国内売上」が伸びたこと。

前年の2.4倍に!

「グローバルで好調、国内では苦戦」っていう構図の内資系製薬会社が多い中で、これは珍しいですね。

さらにその中身は?

国内の好調を引っ張っているのが”新型コロナ薬「ゾコーバ」”

23年3月31日から一般流通開始に伴う売上増加によって、4-6月は伸びました。

日本経済新聞

✓塩野義 この絶好調は今後もつづく??

⇒結論としては、ここまでの絶好調はそう長くは続かないのでは。

理由はこちら

・売上を牽引してるのは、新型コロナ飲み薬「ゾコーバ」であり、先行きは読めない

・4-6月決算で大きく稼いだ要因は「ADHD(注意欠陥多動性障害)薬のライセンス移管の一時金」

”ADHD(注意欠陥多動性障害)薬のライセンス移管の一時金”ってなに??

出典:塩野義製薬 決算

塩野義のADHD薬といえば「インチュニブ/ビバンセ」

塩野義の国内での稼ぎ頭ですね。

このADHD薬、今後は武田薬品だけで販売していくことになり、塩野義はライセンス移管に伴うお金を受け取ったわけですね。

なので、この売上もカンペキに”一過性”のもの。

ここまでの好調は今後も長くつづくとは思えません。

今日は株価があがった会社ということで、最後に配当です。

塩野義は20年間減配なしの優良株。2014年から配当金がずっと上がり続けています。

出典:塩野義製薬

ロート製薬 実は有望企業のひとつって知ってた?

▼ロート製薬 株価推移

  

ここ10年間の株価の上がり方は凄まじく、じつは上場来高値銘柄

いま、ロート製薬は市場からの評価はかなり高まってる!

ってことは知っておきたいですね。

売上や営業利益の推移をみても、上り調子であることがうかがえます。

出典:ロート製薬

  

✓ロート製薬の直近の業績 ⇒さらに上方修正!

4-6月の最新の決算の内容から。

業績見通しを上方修正!!

2023年度(2024年3月期)は、過去最高業績をさらに更新する予定とのこと。

じゃあ、なんでこんなにロート製薬は好調なの?

こう思いますよね。

ぶっちゃけ、ロート製薬は製薬会社としては、そんなに大きな会社でもなく、いまは目立った存在ではありません。

好調の要因のひとつ目は『コロナの制限解除』

⇒人々が外出するようになり基礎化粧品が売れた、マスクを外すようになってリップクリームの売上上げ急増した

⇒中国人を中心にインバウンド需要によって、売上が伸びた

こんな感じなので若干ですが、”一過性”で終わってしまう匂いがしますね。

でも、大事なのはここから。

ロート製薬で注目すべきは「再生医療」

出典:ロート製薬

再生医療は2050年には市場規模は2.5兆円になると言われています。

ロート製薬は再生医療に先行投資していて、他の内資系企業よりも早く動くことができています。

臨床試験もすでに第2相まで進んでいるものもあるようですよ!

出典:ロート製薬HP

取り組んでいる領域としても、いまだに治療法がない疾患に対するものが中心。

・非代償性肝硬変(肝臓の再生能力では補えない肝硬変)

・新型コロナ感染に伴う重症肺炎

など、ロート製薬の将来性にも期待できます。

最後に配当です。

20期連続の増配を予定!!

現状で絶好調ですし、将来的にも期待できるロート製薬、地味ながらも超有望株で見逃せませんね。

まとめ 【塩野義だけじゃない!】決算受け株価急上昇した製薬会社!⇒一番の注目株はロート製薬

▼塩野義製薬

 2年連続の最高売上を更新予定!

 第1四半期決算は絶好調だけど「一過性」の可能性も(ADHD薬のライセンス移管の一時金)。

 新型コロナ「ゾコーバ」の一般流通が開始はプラス材料

大正製薬ホールディングス

 パブロンの売上爆増(中国でのコロナ流行の影響)

 医療用医薬品では大苦戦中。。

▼ロート製薬 上場来の高値銘柄!!

 過去最高業績をさらに更新する見込み。

 コロナ制限解除によるOTC薬の売上増加にくわえ、再生医療など将来への投資も◎

 20期連続の増配

▼キッセイ薬品

 主軸の事業「医療用医薬品」ではベオーバ(過活動膀胱薬)が牽引

 新薬発売数:2022年2コ、2023年3コ と今後の見通しも良好

 唯一の懸念はライバル社の特許切れ(2025年頃??)

今回は大正製薬ホールディングスやキッセイ薬品はご紹介していませんが

YouTube動画では、こちらの2社も含めて更に詳細に解説しています。

さらに、マニアックな情報を受け取りたいかたはこちら。

▼無料メルマガ「ヤクケン@製薬情報」開設

普段のYouTubeやSNSでの発信よりも、ちょっとマニアックな情報をお届け。

就活や転職でライバルと差をつけたい人はご登録ください。

※配信停止したい場合、メルマガの末尾にある「unsubscribe」をクリックいただくと簡単に停止できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA