G-9KXMX2R8X0
【無料メルマガ配信中!】ちょっとマニアックで”周りに差がつく”製薬情報

※製薬会社 就職前に必ず知っておくべき! 2025年 ちょっと先の大型薬剤の特許切れ TOP3

※製薬会社 就職前に必ず知っておくべき! 2025年 ちょっと先の大型薬剤の特許切れ TOP3

こんにちは、製薬MR10年のけいとです。

【本日の内容】

知らずに就職して大丈夫!?

2025年 大型薬剤の特許切れ TOP3

 

絶対に会社説明会では得られない情報です!

 ぜひ最後までご覧ください!

今日の内容は

・会社選び中の就活生

・製薬会社への転職を検討されている方

こういった方は、ぜひ見てほしい内容です!!

なぜなら、会社説明会や社員の人は

こんなネガティブ情報は教えてくれないから!

 

しかも、今回は全てアメリカでの話。

 

アメリカの話なら日本で働く自分には関係ない??

まったくそんなことはありません。

なぜなら

アメリカは超巨大市場!

世界の医薬品市場の40アメリカ』が占めています。

(※ちなみに日本は6%くらい)

 

多くの製薬会社は、グローバル展開していて当然アメリカにも進出しています。

 

そのため、アメリカでの特許切れは

製薬会社にとってインパクト特大!

 

『知らずに就職するのは危険!!』

というわけですね。

 

動画の場合はこちら↓

 

2025年 大型薬剤の特許切れ TOP3はこの3つ!

▼2025年 大型薬剤の特許切れ TOP3

 

1位 オフェブ(ベーリンガー

ヤバさ★★★★★

 

ポマリストブリストル

ヤバさ★★★☆☆

 

3ゼルヤンツ(ファイザー)

ヤバさ★★☆☆☆

こういった大型の特許切れをもつ会社へ

就活や転職を検討されている方は、ぜひ知っておいてくださいね!

この会社への就職はやめたほうがいい!」っていうわけではなく

知ったうえで会社選びしたほうがいいですよ!という意味あいですので^ ^

 

それでは、一つずつ解説していきましょう!

 

3ゼルヤンツ(ファイザー) ヤバさ★★☆☆☆

はっきり言って、ゼルヤンツが特許切れになったからといって

すぐにファイザーがピンチになったりはしないでしょう。

 

▼ゼルヤンツって?

・抗リウマチ薬(リウマチ領域で初めてのJAK阻害剤)

・米国だけで2000~3000億円以上も売れている!

ファイザーのなかでは、5番手の売上の薬です。

そこそこ重要な薬ですね。。

 

ちなみにファイザーは2021年にコロナワクチンの影響で爆益を叩き出しました!

▼世界の製薬会社  売上ランキング 2021

 

1位 ファイザー 96800億円

2 アッヴィ 63300億円

3 ノバルティス 

4 ロシュ

5 ジョンソンエンドジョンソン

 

2位以下はどれも6兆円くらいで団子状態

売上3,000円規模のゼルヤンツが特許切れになっても

ふつうであればビクともしないでしょうね。

 

とはいえ、2025年にはコロナも終息していて

ファイザーの売上もどうなっているかわからない状況です。

2025年のファイザーの状況次第では

大きなインパクトが出てしまう可能性もあるので

一応、要チェックです。

 

ポマリストブリストルヤバさ★★★☆☆

ここ数年にかけて、地味にツラい状況なのがブリストルです。

 

2022年以降、 グローバルで1兆円の売上がある

屋台骨の「レブラミド」の特許切れが切れます。

売上1兆円が世界中でじわじわと削り取られていくのが

ここ数年のブリストルの状況。

 

そんななかで、2025年にトドメと言わんばかりに

特許が切れるのはポマリストという薬。

▼ポマリストって?

・多発性骨髄腫の薬

・米国だけで2000~3000億円以上も売れている!

ブリストルでは4番手の売上の薬ですね。

 

これがトドメになりブリストルは

世界の売上ランクが

現状5位から、2025年には8位へダウンしてしまう見込みです。

 

▼就活、転職検討中の方は知っておくべき!

 

ブリストルを支える薬剤(売上順位)

 

1位 レブラミド 世界で1兆円の売上

2位 エリキュース

3位 オプジーボ

4位 ポマリスト 米国だけで2000~3000億円以上の売上

5位 オレンシア

 

2025年までに2つの薬が特許切れ・・・

ブリストルの救いとしては

オプジーボをはじめ、「抗がん剤」の分野ではまだまだ伸びていく薬を持っている

ということですね!

 

1位 オフェブ(ベーリンガーヤバさMAX ★★★★★

1位のオフェブはなかなかヤバめです。

「オフェブがやばい」というか、ベーリンガーの近未来がちょっとヤバめです

 

まず前提として

ベーリンガーは、ちょっと変わった会社です。

 

グローバル売り上げは2兆円以上という巨大企業。

なのに、株式非公開なのです。

株式非公開の企業らしく(?)

なんだか、ゆったりした雰囲気を感じる会社です。

 

会社のホームページにも

『温かみのある家族なような社風』と謳っています。

なんだか製薬会社っぽくないですよね~

出典:ベーリンガーHP

 

そして、ベーリンガーは

このゆったりした社風と

MRが扱いやすい魅力的な製品ラインナップからも

『働きやすい会社』として有名です。

 

じっさいにキャリア組の入社式で

社長が新入社員の前で

「みなさん、ようこそ!最後の楽園へ」

と言ったのは、有名な話ですよね笑

 

MRが扱いやすい魅力的な製品ラインナップ

大黒柱は『ジャディアンス』と『オフェブ』っていう薬。

ベーリンガーの売上は、この2つの薬に支えられています。

▼ジャディアンス

 

・糖尿病治療薬

・かつて激戦を繰り広げた『SGLT2阻害剤』のひとつ

・激戦区のSGLT2市場を勝ち抜きトップシェア!

・イーライリリーとの共同販売なので、わりとラクはできる

(ただし、最近ではイーライリリーが他の糖尿病薬にも力を入れはじめている・・)

・グローバルでの売上は3000億円

・『心不全』にも適応追加し、今後も伸びていく

▼オフェブ

 

・「肺線維症/間質性肺疾患」という肺の珍しい病気に対する薬

・グローバル売上は3000億円以上

・地味だけどユニークで競合がいないので実はよく売れてる

(日本国内だけでも売上400億円)。

扱っている薬も良くて

会社の雰囲気もゆったりな感じで

まさにベーリンガーは最後の楽園なわけですね

2025年 ついに最後の楽園が崩壊する?

 

そんなベーリンガーに転機が訪れるのは2025年。

ついに、オフェブ(肺線維症治療薬)の特許切れがきれます。

ベーリンガーの総売上うち、2,000億円を失うことになるので

なかなかの痛手になります!

 

そして、さらに痛手なのが

ベーリンガーを支える2つ目の薬「ジャディアンス」に関しても

2026年あたりに特許切れの可能性があります。

(ジャディアンスは『心不全』などにも適応追加してるので

もっと特許期間を長く守れる可能性がありますが)

 

そうなると、アメリカを中心に売上5,000億円がなくなる・・
(ベーリンガーの売上全体の20%)

たてつづけに、売上が3割カットされてしまうことになります。

これはベーリンガーにとっては、かなりの痛手です。

 

正直、これから有力な抗がん剤の発売がないかぎりは

ベーリンガーへの転職は避けたほうがよいかと思います。

 

すでに今ベーリンガーにお勤めの方も

もしも良い転職案件があれば

転職も視野にいれたほうが良いかもしれませんね。

(特にSGLT2阻害剤「ジャディアンス」をご担当されている方は)

 

会社選びに使えそうな情報を発信しておりますので、よかったらこちらへ↓

👆会社選びの必須情報!5年後の製薬外資の売上ランキング予測

 

どうせ、良い転職案件とかないでしょ?

って思われるかもしれませんが

ボク自身(30代半ば)の経験としては

「意外とあります!」

ただし、適切に行動する、というのが前提ですが。

ボクの体験談はこちらです。

 

知らずに就職して大丈夫!? 2025年 大型薬剤の特許切れ TOP3

まず前提として

アメリカは世界の4割占める巨大市場

アメリカでの特許切れは製薬会社の一大事!

 

1位 オフェブ(ベーリンガー) 

ヤバさ★★★★★

 

2位 ポマリスト(ブリストル)

ヤバさ★★★☆☆

 

3位 ゼルヤンツ(ファイザー)

ヤバさ★★☆☆☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA